文京区少年軟式野球連盟 中学部 
文京チャレンジャーズ
 

1.チーム紹介

文京チャレンジャーズは、平成5年に創立。
文京区在住、在学および、近隣地区の中学生の軟式野球クラブチームです。

文京チャレンジャーズは、野球を教えてくれるところ・・・と思ってらっしゃるでしょう。
確かに野球の技術向上も大切なことです。しかし、それ以上に子供達との心の触れ合いを一番大切に
考えています。

思春期の大事な三年間、お子様をお預かりして、野球を通じた仲間の大切さ、頑張る力、そして何より
最後までやり遂げた時の達成感を一緒に感じたいと思っています。

そのことが、自分自身の自信につながることだと思っています。

私どもスタッフは、真剣に子供と向き合い、考え、常に最善の方法を見つけ出そうと思っています。

                     文京チャレンジャーズ 総監督

                         原 愛一郎

2.活動内容

①目的
     ●野球の技術を高めるとともに、体力や運動能力を伸ばす。
     ●友情を育て、チームワークや協調・寛容の精神を培う。
     ●苦しい練習の中から、忍耐力や集中力を養う。
     ●学年を超えた活動を通して、責任感や礼儀を身につける。
     ●自主的・自発的に活動することにより、自治能力を高める。

②練習
     ●基本的には、学校行事以外では練習を休まない。
     ●無断欠席はしない、欠席する場合、監督に直接自分で連絡をすること。
     ●野球道具の準備、片付けは、学年を問づ選手全員で行う。
     ●挨拶・返事は大きい声でハッキリとおこなう。
     ●練習中は、私語をせず、一生懸命に取り組むこと。

③練習試合
     ●年間をとおして、約80試合を練習試合として行います。
     ●東京都内の約70チームと交友を重ねているため、遠征試合も行います。
     ●試合を通じて経験できることがあるので、選手全員を試合に出場させます。

3.練習日・集合場所
     ●土曜日・日曜日・祭日に練習および、試合を行います。
     ●24年度 108回予定(学校の試験前一週間や、学校行事等の休みは考慮)
     ●グランド使用許可の時間(時間帯)によっても変わりますが、基本朝8時~朝9時集合、
      弁当持参、解散は午後5時~午後6時。
     ●文京区内および、近郊の施設(グランド等)を利用する場合、自転車にて移動を行います。
     ●文京区以外の遠地のグランドを使用する場合、東京大学農学部に集合、
      監督・コーチ・父兄の自動車に分乗して移動します。
     なお、練習試合、予定変更等の連絡は、Eメール(連絡網)を使用して行います。

4.野球道具について

     ●練習用ユニホームは、上下、白色(チーム指定のメーカは、ありません)。
     ●ベルト(紺色)
     ●アンダーシャツ(基本:紺色)
     ●アンダーソックス(紺色)、ソックス(白色)
     ●金スパイク(ラインなしの黒色)、ポイントスパイク(ソフトスパイク:ラインなし黒色)
      トレーニングシューズ(ラインなし白色)
     ●試合用ユニホームは、チームで団体購入をしていますので、チームにお問い合わせ
      ください。
      また、チーム帽子・チームバッグ(紺色)についてもチームにお問い合わせください。

5.部費・父母協力費

     ●入部金     なし。
     ●部費      一か月4,500円    傷害保険、グランド使用料、チーム道具購入費、
                                                         各種大会参加費、移動費
   (※ 総会時に、年間会計報告を行います)

     ●父母協力費  年間 5,000円    飲み物など選手への差し入れ。合宿・祝賀会の補助
                           練習納め・練習始めの食事代補助
 

                          卒団生への記念品、送別会費の補助

6.規約

   文京チャレンジャーズ規約
       改正 平成27年4月
第1条(総則)
①本団体は、文京チャレンジャーズと称し、連絡先を東京都文京区千駄木
在住の原宅におく。

②本団体は、中学軟式野球クラブチームとして文京区少年軟式野球連盟に加盟し、
少年野球を通じて青少年の健全育成を目的とする。

第2条(全員)
①会員(選手)になれるのは、文京区とその周辺地区に在住・在学する中学生
とする。

②但し、入会を検討する者については、正式入会までの間、体験での参加を認
めるものとする。

③なお、体験での参加については、小学校6年生の参加も可とする。

第3条(運営)
①本団体は、代表(部長)・総監督・コーチならび会員保護者によるボランテ
ィア活動によって運営される。

②コーチは、原則として部長・総監督が選任し、会員の人数に合わせて適切な
人員を配置する。

③本団体の運営のため、会計を設置する他、必要に応じ事務局等を適宜設置す
ることができる。

④また、円滑な運営のため、会員の保護者が構成する父母会と日頃から密に
連携することとする。

⑤本団体の運営にかかわる事項は、スタッフ(部長・総監督・コーチ等)で、
協議し、必要に応じて父母会の意見を徴した上で、最終的には、
部長・総監督が決定するものとする。

⑥最低年1回の総会を開催の上、第4条の会計報告の他、必要な事項を協議・
報告する。

第4条(会計)
①本団体の運営費は、会員による月会費(部費)を充てるものとする。

②月謝は、4,500円とし、支払方法については別途定めるものとする。

③月謝については、中学3年生の3月分まで徴収するものとする。

④なお、一旦納付された部費については、原則返還しないものとする。
但し、部費については翌月以降の未到来月分は、個別の事情を勘案
の上、判断する。

⑤会計年度は、毎年4月1日から翌年の3月31日までとする。

⑥会計は、部費の徴収・管理を行い、会計報告にあたっては、会計監査を受け
た上で、翌年度4月に開催される総会にて報告を行うものとする。

第5条(保険および危険負担)
①スタッフおよび保護者は、会員の事故・傷病等の不測の事態回避に最大限
努めるものとする。

②万が一に備え、会員は、スポーツ保険に加入し、この保険の範囲内をもって
本団体の責任限度とする。

 


7.令和3年度 活動予定

4月

練習・練習試合

全日本文京予選会

5月

練習・練習試合

文京春季区民大会        優勝の場合 全日本関東大会東京予選へ出場

6月

練習・練習試合

総会

全日本少年軟式野球大会東京都大会

7月

練習・練習試合

東京都少年野球大会(アンダーアーマー)

東武杯

西新井リーグ

8月

 

練習・練習試合
東都少年野球大会(東都大会)

秋季東京都大会新人戦予選会

東京都少年王座決定戦

足立東部親善大会

9月

 練習・練習試合

秋季大会(2年生以下)
東京都少年新人(中学)軟式野球大会

10月  練習・練習試合
三区大会(新宿・千代田・文京)
11月

 練習・練習試合
東京23区大会        大田球場ほか
東武杯優秀チーム選抜大会   足立区内グラウンド・中体連チームも参加
東京シーサイドトーナメント  江東8チーム他、8チーム 24チーム参加

東京中学生野球選手権大会

12月  練習・練習試合
チーム父母忘年会
1月

根津神社祈願     初練習 
練習・練習試合
台東ニューイヤー大会     台東リーバーサイドグラウンド

1年生            西東京教育リーグ 予選リーグ

2月

 練習・練習試合

3月

練習・練習試合 

サヨナラ大会・東武杯新人大会
3年生を送る会